花粉症に効くアレグラと花粉症にかかり鼻をかむ男性

花粉症と性接触皮膚炎とお茶について

アレルギー性接触皮膚炎は皮膚と抗原物質が接触をして、皮膚表面にアレルギー反応を発症させます。アレルギー性接触皮膚炎は皮膚にかゆみを伴うことになり、表面には丘疹もでてきます。アレルギー性接触皮膚炎は接触をしたあとで、光に皮膚があたったことにより、症状が出てくることもあり、これは光接触皮膚炎になります。

アレルギーにはいろいろな種類があり、現代社会に生きる日本人に取っては、花粉症も深刻なアレルギーの一つです。花粉症の症状を軽減させるためには、お茶を選んで飲むのも1つの方法としてあります。花粉症対策に美味しい飲み物でケアできるのは、嬉しい方法でもあります。お薬ではありませんから、長期的に飲み続けて症状の緩和を期待するものでもあります。

くしゃみや鼻水、目の涙や痛みなどの症状が出るのが花粉症であり、日本人を悩ませているアレルギー性の病気の一つです。つらい症状が出てしまうのは、ヒスタミンがたくさん分泌されるからです。辛さをセーブするには、過剰分泌になっているヒスタミン分泌を抑えればいいことになります。

お茶の緑茶にはカテキン成分が含まれていて、渋み成分でもありますがヒスタミン分泌を抑える作用も持っています。お茶を飲んでの効果には個人差もあるものの、5時間から6時間ほどの持続作用から考えると、1日に3回ほど飲んでおけば、花粉症対策にも役立つことになります。

花粉症対策にサポートとなるお茶には、甜茶もあって甘い味わいが人気です。GODポリフェノールが含まれているのも特徴で、ヒスタミン生成を抑えてくれます。ほかにも、アトピーでのかゆみにも作用します。お茶ではありますが甜茶はカフェインが含まれないタイプなので、カフェインは気にせずに誰でも飲むことができます。