花粉症に効くアレグラと花粉症にかかり鼻をかむ男性

花粉症と小児とアルコールについて

大人でも小児でも関係なく、今の時代は花粉症の人が、とても大勢存在します。しかし大人と小児では、花粉の症状にも違いがあります。小児の場合は、鼻づまりが多くて、くしゃみはあまり出ません。まだ小さいですから、鼻づまりで花粉の侵入もそれほどできないため、あまりくしゃみも出ないのです。しかし大人の場合は、くしゃみはよく出ますし、鼻づまりや鼻水、目の充血やかゆみも出ますので、大きく違いがあるのです。

花粉症で大人も子供も鼻水が出やすくなりますが、この状態にも違いがあります。大人の花粉のときの鼻水は、水のようにサラサラしています。子供の場合は水みたいではなくて、粘りのある鼻水です。子供は鼻づまりになりやすいので、この違いも大きく出ています。状態としても風邪と勘違いをしやすいですが、春のシーズンの子供の鼻水は、花粉症であることも視野に入れておきましょう。

花粉症の症状を軽くするためには、アルコールの摂取も控えめにしましょう。過剰なアルコール摂取は、鼻の内側の粘膜が腫れる原因になります。粘膜が腫れてしまうと、鼻づまりもひどくなります。春はお花見もありますし、気候も暖かくなっておでかけをしたり、旅行をしたりして、お酒を飲む機会も増えます。しかしたくさんお酒を飲みすぎてしまうと、花粉症の症状は悪化してしまい、後で自分が辛くなるだけです。アルコール摂取は控えめにして、飲酒をお休みにする日を作るのもいいでしょう。

飲み過ぎると副通いになりますが、体内でアルコール成分が、アセトアルデヒドの物質に変化するためです。そしてこのアセトアルデヒドは、ヒスタミン分泌を促進させます。大量に放出されるために、花粉症は悪化しやすくなります。