花粉症に効くアレグラと花粉症にかかり鼻をかむ男性

コンタック鼻炎Zの効果の実態は?

グラクソ・スミスクラインの鼻炎薬 コンタック鼻炎Zは、鼻詰まり、鼻水、くしゃみなど鼻にまつわる症状に効果を発揮する第2類医薬品です。
主成分に抗アレルギー成分として知られているセチリジン塩酸塩を配合した市販品でもあります。

コンタック鼻炎Zの特徴は、即効性と持続性にあります。服用してから約1時間ほどで効果が現れ始め、約1日間続きます。
つまり1日1回で効き目を示すため、次の日まで何もしなくてよいということになります。 コンタック鼻炎Zの即効性の背景にあるのが高い吸収力です。
服用後1時間ほどするとセチリジン塩酸塩の血漿中濃度が急上昇し、1.4時間後には最大値に達します。
その後、約7時間かけて血漿中濃度が半減し、服用してから25時間近く立つと飲む前と同じレベルに戻ります。
この強力な吸収力が、鼻にまつわる不快感やアレルギー症状を緩和させます。

コンタック鼻炎Zは、即効性が知られていますが、鼻詰まりや鼻水、くしゃみなどにどのような効果を発揮するのでしょうか。
鼻詰まりの場合、症状を感じてからコンタック鼻炎Zを服用すると1~1.5時間以内に効果を発揮するため、鼻呼吸しづらいという不快感を緩和できます。
また鼻水の場合は、鼻をかむ回数もおおよそ半減させる効果を期待できます。
さらにくしゃみの回数を抑制し、集中力の維持に大きく役立ちます。

コンタック鼻炎Zが、その効果を発揮するのは、花粉症などのアレルギー性鼻炎になります。
そのため花粉が飛び交う季節である2月から6月までの需要がピークになります。
また春先ほどではないですが、9月から12月にも花粉が飛び交うため、この季節にも需要が増えます。
花粉症というと誰もが思い浮かべるスギ花粉ですが、水稲などのイネ科の花粉、北海道ではシラカンバ花粉などに加えて、ハウスダストを原因とする鼻炎にも効果を期待できます。

コンタック鼻炎Zの使用上の注意点

グラクソ・スミスクラインのコンタック鼻炎Zを使用注意点があります。
15歳以上の場合、1日の容量は1錠、就寝前に服用します。15歳未満は服用してはいけません。
またコンタック鼻炎Zの薬品名の通り鼻炎薬なので、風邪などの症状の場合は効果を期待できません。
花粉症に悩んでいる方を中心に、特に花粉が増える季節に利用しましょう。
ピペラジン誘導体によるアレルギーを起こした方は、副作用を感じる場合もあるため、コンタック鼻炎Zを利用しないでください。
その他にも注意点があるのでご紹介します。

  • 腎臓病やけいれんの診断を受けた人
  • 妊婦や高齢者、過去に医薬品でアレルギーを起こしたことのある人
  • 15歳未満の小児
  • コンタック鼻炎Zを利用して25時間以内は他の鼻炎薬を服用しない
  • 服用してから運転をしない
  • 授乳中の服用をしない
  • 服用後に飲酒しない

これらの注意を守らない場合は副作用を生じることがあります。

コンタック鼻炎Zの副作用

コンタック鼻炎Zは市販薬として手に入れることができますが、副作用を感じる方もいます。
主に、携帯感や頭痛、フラフラ韓、しびれ感、めまい、抑うつ、興奮、無力感、攻撃性といった精神神経系の副作用の恐れがあります。
吐き気や嘔吐、食欲不振や消化不慮、口唇炎や胃痛、味覚障害、口内炎といった消化器系の副作用も知られています。

この他の副作用としては、動悸や血圧上昇、不整脈といった循環器系に関するもの、発疹やじんましん、むくみ、かゆみ、水ぶくれなどの皮膚に現れたり、目が充血したり霞む、眼球の異常な動き、息苦しさせきなどの呼吸器に伴うもの、尿蛋白や尿糖、頻尿、血尿、排尿困難、関節痛、手足のこわばり、月経異常、耳鳴りなどがあります。

コンタック鼻炎Zを服用した直後に、アナフィラキシーショックを感じることもあります。
例えば、皮膚のかゆみ、蕁麻疹、声のかすみ息苦しい意識混濁などです。
もしコンタック鼻炎Zを服用して体に違和感を感じたときは、直ぐに使用を注意して医師に相談してください。